コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大脳半球優位 だいのうはんきゅうゆういcerebral dominance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大脳半球優位
だいのうはんきゅうゆうい
cerebral dominance

半球優位ともいう。大の半球は形態的には左右対称であるが,機能のうえで左右いずれかの半球が主となって働くこと。運動については右ききの人は左,左ききの人は右の大脳半球が優位である。また言語機能は一般に左半球が優位とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android