大脳半球優位(読み)だいのうはんきゅうゆうい(英語表記)cerebral dominance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大脳半球優位」の解説

大脳半球優位
だいのうはんきゅうゆうい
cerebral dominance

半球優位ともいう。大脳の半球は形態的には左右対称であるが,機能のうえで左右いずれかの半球がとなって働くこと。運動については右ききの人は左,左ききの人は右の大脳半球が優位である。また言語機能は一般に左半球が優位とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android