コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野宇右衛門 おおの うえもん

2件 の用語解説(大野宇右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野宇右衛門 おおの-うえもん

?-? 江戸時代中期の砲術家。
自得流棒火矢を大野吉規にまなび,その養子となり鳥居流大野派を名のった。延享(えんきょう)(1744-48)のころ将軍徳川吉宗に持筒組与力として召しかかえられた。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。本姓は片島。名は武矩,久義,武範。著作に「神速武書」「大銃守鎮法」「東西問答」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大野宇右衛門

生年:生没年不詳
江戸中期の砲術家。大野流砲術の流祖。諱を武範という。筑前萩尾(大牟田市)の生まれで,旧姓を片島久義といったが,自得流砲術の流祖大野佐伍右衛門吉規の養嗣子となり大野姓を襲った。享保年間(1716~36)に将軍徳川吉宗の命により鎌倉海岸に赴き,300目玉,1貫目玉の火矢玉を打った技量を認められ,西の丸御持筒組与力に召し抱えられた。このとき自得流に甲州流兵学を合わせて鉄砲中心の戦術論『神速武書』を著して流名も大野流と改めた。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野宇右衛門の関連キーワード浅香朝光梅沢与一兵衛荻野安重奥重吉黒田十兵衛高島浅五郎種田木工助中島長守西村忠次久松土岐太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone