コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延享 エンキョウ

3件 の用語解説(延享の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんきょう〔エンキヤウ〕【延享】

江戸中期、桜町天皇桃園天皇の時の年号。1744年2月21日~1748年7月12日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

えんきょう【延享】

日本の元号(年号)。江戸時代の1744年から1748年まで、桜町(さくらまち)天皇、桃園(ももぞの)天皇の代の元号。前元号は寛保(かんぽう)。次元号は寛延(かんえん)。1744年(寛保4)2月21日改元。甲子革令(かっしかくれい)を理由に行われた(革年改元)。1744年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年(寛保1)の4年後で、甲子にあたる。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令の年で、変乱が多いとされることから、先例にならい改元が行われた。『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。延享年間の江戸幕府の将軍は、徳川吉宗(よしむね)(8代)、徳川家重(いえしげ)(9代)。桜町天皇は1747年(延享4)、桃園天皇に譲位して、上皇として院政を開始した。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

延享の関連情報