コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延享 エンキョウ

大辞林 第三版の解説

えんきょう【延享】

年号(1744.2.21~1748.7.12)。寛保の後、寛延の前。桜町・桃園天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えんきょう【延享】

日本の元号(年号)。江戸時代の1744年から1748年まで、桜町(さくらまち)天皇、桃園(ももぞの)天皇の代の元号。前元号は寛保(かんぽう)。次元号は寛延(かんえん)。1744年(寛保4)2月21日改元。甲子革令(かっしかくれい)を理由に行われた(革年改元)。1744年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年(寛保1)の4年後で、甲子にあたる。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令の年で、変乱が多いとされることから、先例にならい改元が行われた。『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。延享年間の江戸幕府の将軍は、徳川吉宗(よしむね)(8代)、徳川家重(いえしげ)(9代)。桜町天皇は1747年(延享4)、桃園天皇に譲位して、上皇として院政を開始した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

延享の関連キーワード大谷広右衛門(2代)井筒屋庄兵衛(3代)西村善五郎(7代)十寸見河東(3世)民屋十三郎(初代)知恩院宮尊峯法親王堀山城(6代)御触書宝暦集成江見屋吉右衛門三条西公福絵菱屋忠七若竹伊三郎西岡与兵衛仙石廬元坊清水谷雅季赤井得水島津久芬森川袁丁中森梅路牧野忠敬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延享の関連情報