コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪市中央公会堂

2件 の用語解説(大阪市中央公会堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大阪市中央公会堂

大阪府大阪市北区にある多目的ホール。1918年開館。建物は2002年に国の重要文化財に指定。それに伴い保存、再生工事が行われ、同年リニューアルオープン。大集会室の座席数は約1150席。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪市中央公会堂

株式仲買人、故岩本栄之助氏の寄付を受け、大阪市が建設。地上3階、地下1階。大集会室や会議室9室などがある。99~02年の改修工事で創建当時を再現。総工費約110億円のうち約12億円は寄付金でまかなわれた。02年に国の重要文化財に指定された。

(2013-10-12 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪市中央公会堂の関連キーワード上水株式仲買人仲買人ウオーカソン手形仲買人寄付を後押しする制度今村清之助岩本栄之助商品仲買人《酔いどれ草の仲買人》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大阪市中央公会堂の関連情報