天の下(読み)アメノシタ

デジタル大辞泉の解説

あめ‐の‐した【天の下】

《空の下、高天原の下の意から》天下。日本全国。あめがした。
「―すでに覆ひて降る雪の光を見れば貴くもあるか」〈・三九二三〉
(「天の下の」の形で)非常な。とんでもない。
「―の空言(そらごと)ならむと思へば」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あめのした【天の下】

地上の世界。天下。この世界。あめがした。 「 -とこやみにして、また昼夜のわきも無し/日本書紀 神代上訓
朝廷。また、国家。 「凡そ-の有する所の公民/日本書紀 孝徳訓
(「天の下の」の形で)天下に比類がない、の意。 「 -の色好み、源の至といふ人/伊勢 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天の下の関連情報