コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天下の台所 テンカノダイドコロ

デジタル大辞泉の解説

てんか‐の‐だいどころ【天下の台所】

江戸時代、大坂異称蔵米をはじめとする諸国産物の集散地であったことから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

天下の台所

全国経済の中心地、物資供給地たる大坂の江戸時代別名商人の町であったこと、交通の要地に位置していたことなどがそれを可能にした。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典内の天下の台所の言及

【大阪[市]】より

…17世紀後半からは再び発展をはじめ,99年(元禄12)36万4154人となり,以後増勢は緩やかではあるが18世紀半ばまで続き,1765年(明和2)41万9863人と近世で最大となった。この発展は大坂が〈天下の台所〉となったことを示している。領主経済を支える蔵物の取扱いや財政金融をおこなうとともに,当時発展しつつあった農民経済の発展をふまえて全国経済の中心になったのである。…

※「天下の台所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

天下の台所の関連キーワード水都大阪2009天王寺屋五兵衛大阪府大阪市阪神工業地帯大阪(府)大阪・大坂石丸定次近畿地方大坂商人松平忠明中之島延売買大阪府蔵屋敷大阪三都両替

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天下の台所の関連情報