集散地(読み)しゅうさんち

日本大百科全書(ニッポニカ)「集散地」の解説

集散地
しゅうさんち

産物農産物、日用品、食料品など)の集中と分散の両機能をあわせ果たす土地をいう。商業中心地と同義。古くは市(いち)(定期市)へ出て物々交換によって有無相通じていた。のち生産が盛んになると、まとめて売り込むことが必要となり、地方的、国内的、さらに国際的に流通機能を果たす適地が選ばれて、大掛りな生産物の集中と分散が行われるようになり、集散地、そして流通都市が成立してきた。現在はそこでは大規模な流通センターが設けられ、生産物ごとの流通機構のもとに集散、取引が行われている。

[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「集散地」の解説

しゅうさん‐ち シフサン‥【集散地】

〙 生産地から産物を集めて、これを消費地へ送り出す地。商業中心地。
東京学(1909)〈石川天崖〉一二「東京は〈〉又日本の物産の集散地である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「集散地」の解説

しゅうさん‐ち〔シフサン‐〕【集散地】

生産地から産物を集めて、これを消費地へ送り出す所。「集散地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android