コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集散地 シュウサンチ

デジタル大辞泉の解説

しゅうさん‐ち〔シフサン‐〕【集散地】

生産地から産物を集めて、これを消費地へ送り出す所。「米の集散地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうさんち【集散地】

生産地から産物を集めて消費地へ送り出す所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集散地
しゅうさんち

生産物(農産物、日用品、食料品など)の集中と分散の両機能をあわせ果たす土地をいう。商業中心地と同義。古くは市(いち)(定期市)へ出て物々交換によって有無相通じていた。のち生産が盛んになると、まとめて売り込むことが必要となり、地方的、国内的、さらに国際的に流通機能を果たす適地が選ばれて、大掛りな生産物の集中と分散が行われるようになり、集散地、そして流通都市が成立してきた。現在はそこでは大規模な流通センターが設けられ、生産物ごとの流通機構のもとに集散、取引が行われている。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

集散地の関連キーワードチャンシュー(樟樹)鎮グアテマラシティーウェストチェスターサンペドロスーラサンサルバドル倶知安・俱知安エドモントンペルピニャンアルバミンチチェンマイキルクークプノンペン砺波・礪波ウィニペグウィンダムユージーンタラハシーサルバドルワガドゥグ天下の台所

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集散地の関連情報