コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天与清啓 てんよ せいけい

2件 の用語解説(天与清啓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天与清啓 てんよ-せいけい

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。伯父の京都建仁寺禅居庵の伯元清禅の法をつぐ。宝徳3年(1451)東洋允澎(いんぽう)にしたがい明(みん)(中国)にわたる。寛正(かんしょう)元年遣明正使に任じられ,のち建仁寺住持。文正(ぶんしょう)元年ふたたび渡明。帰国後は郷里信濃(しなの)(長野県)の法全寺に隠居。俗姓は知久。別号に海樵,万里叟。著作に「万里集」「再渡集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

天与清啓

生年:生没年不詳
室町時代臨済宗の僧。別号は海樵,万里叟。信濃国(長野県)伊那郡の豪族知久氏の出身。同国法全寺において出家,俗の伯父に当たる伯元清禅の法を嗣いだ。宝徳3(1451)年,遣明使に随侍して入明。正使の補佐役として大きな功績をあげた。帰国後はその功績により,能登(石川県)安国寺,信濃開善寺の住持となる。寛正1(1460)年には遣明正使に任じられ,建仁寺の住持を勤めたのち,文正1(1466)年に再び入明,書籍・銅銭を招来するなど,外交に活躍した。文明1(1469)年に帰国したのちは,中国での配下の刃傷沙汰の責任を取り一切の官職を辞去,法全寺に閑居してしまった。以降の足跡は一切不明。<著作>『万里集』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天与清啓の言及

【因島】より

…青陰城をはじめとして現在因島に残る中世の城跡は,ほとんどが村上氏の築城と伝えられる。また1468年(応仁2)に明に渡った天与清啓の記録《戊子入明記》には,渡唐船の一艘として〈隠島熊野丸六百斛〉が記されており,因島が早くから海運の拠点であったことは他の史料からもうかがわれる。村上水軍【外園 豊基】。…

【戊子入明記】より

…信濃国開善寺の僧天与清啓が,1468年(応仁2)に渡航した遣明使の正使となったときの記録。過去の先例も参考として含まれている。…

※「天与清啓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天与清啓の関連キーワード天隠龍沢昭海紹蘇正韵大典蕉中宙外玄杲東海宗朝文室宗周福島慶道臨済録済家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone