文正(読み)ブンショウ

大辞林 第三版の解説

ぶんしょう【文正】

年号(1466.2.28~1467.3.5)。寛正の後、応仁の前。後土御門天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんしょう【文正】

日本の元号(年号)。室町時代の1466年から1467年まで、後土御門(ごつちみかど)天皇の代の元号。前元号は寛正(かんしょう)。次元号は応仁(おうにん)。1466年(寛正7)2月28日改元。後土御門天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『荀子(じゅんし)』を出典とする命名。文正年間の室町幕府の将軍は足利義政(よしまさ)(8代)。後土御門天皇は1464年(寛正5)に父の後花園(ごはなぞの)天皇の譲位を受け即位、後花園は上皇となった。1466年(文正1)7月、将軍足利義政が突然、斯波義廉(しばよしかど)から斯波氏(武衛家)宗家の家督を取り上げ、斯波義敏(よしとし)に与えようとしたことから、有力大名間に対立・衝突が起こった。事態は複雑に錯綜し、翌1467年(応仁1)に応仁・文明の乱が勃発する。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんしょう ブンシャウ【文正】

〘名〙 (出世譚「文正草子」と出世魚の鯉(こい)とが結びついた語か) 鯉をいう女房詞。〔女中詞(元祿五年)(1692)〕

ぶんしょう ブンシャウ【文正】

室町時代、後土御門天皇の代の年号。寛正七年(一四六六)二月二八日に改元、文正二年(一四六七)三月五日に至って次の応仁となる。出典は「荀子‐王制」の「積文学身行」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文正の関連情報