コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋允澎 とうよう いんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東洋允澎 とうよう-いんぽう

?-1454 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)の法をつぎ,京都天竜寺の住持となる。室町幕府の遣明(けんみん)正使として享徳2年中国にわたる。任務をはたし,帰国の途中の享徳3年5月21日(一説に12月28日)病死。同行した笑雲瑞訢(しょううん-ずいきん)による「允澎入唐(にっとう)記」がのこる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android