コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋允澎 とうよう いんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東洋允澎 とうよう-いんぽう

?-1454 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)の法をつぎ,京都天竜寺の住持となる。室町幕府の遣明(けんみん)正使として享徳2年中国にわたる。任務をはたし,帰国の途中の享徳3年5月21日(一説に12月28日)病死。同行した笑雲瑞訢(しょううん-ずいきん)による「允澎入唐(にっとう)記」がのこる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東洋允澎の関連キーワード勘合貿易遣明船(年表)玉英慶瑜天与清啓室町時代臨済

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android