コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨済 りんざいLin-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨済
りんざい
Lin-ji

[生]?
[没]咸通7(866)
中国,唐の禅僧。曹州南華の人。名は義玄,諡は慧照禅師。臨済宗の祖。一説に咸通8 (867) 年生まれ。黄檗希運の法を継ぎ,参禅修行者には厳しい喝を与え,中国禅宗のなかで臨済宗は最も盛えた。臨済禅の激しさは画題としてもしばしば取り上げられ,その言行は弟子により『臨済録』にまとめられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

臨済【りんざい】

中国の禅僧。臨済宗の開祖。僧名は義玄,(おくりな)は慧照。黄檗希運(おうばくきうん)に受法。公案,棒,喝で有名。言行録は《臨済録》。仏教般若と,荘子思想をふまえ,東洋的自由を実践した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんざい【臨済 Lín jì】

?‐866
中国,唐代の僧。臨済禅の開祖。僧名は義玄,恵照禅師。臨済は,住院の名である。姓は邢。曹州南華の人。江西の黄檗(おうばく)山で希運に参じ,馬祖にはじまる新しい祖師禅を伝える。武宗の廃仏を期として河北に帰り,藩鎮王氏の帰依で,臨済院を開く。古典や教義の句によらず直接に弟子たちの自覚を求めて,あるいは棒で打ち,あるいは大声で喝するなど,独自の手段が早くより注目された。その言行を集める《臨済録》があり,のちに中国と日本の臨済禅のよりどころとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りんざい【臨済】

?~867) 中国、唐代の禅僧。名は義玄。臨済宗の開祖。黄檗おうばく希運の法を嗣ぎ、厳しい門弟指導で知られる。中国禅宗のうち、この法系がもっとも振るった。勅諡ちよくしは慧照禅師。臨済禅師と通称。 → 臨済宗
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の臨済の言及

【禅宗】より

…中国と日本の仏教宗派の一つ。日本では,鎌倉時代より江戸時代の初期にかけて,中国より伝えられる24流48伝がそのすべてで,今では臨済,曹洞,黄檗の3派に大別される。 禅は,インドに起き,禅宗は,中国で始まる。…

【臨済宗】より

…中国唐代の禅宗は,大別して玉泉神秀(ぎよくせんじんしゆう)の北宗禅と曹渓慧能(そうけいえのう)の南宗禅の2流に分けられるが,漸悟を説く北宗禅は早く衰微した。これに対し,頓悟を説く南宗禅では,青原行思(せいげんぎようし),南岳懐譲(なんがくえじよう)らの逸材が輩出し,青原の門流から曹洞(そうとう)・雲門・法眼(ほうげん)の3宗,南岳の系統から臨済・潙仰(いぎよう)の2宗が生まれ,これを五家という。 臨済宗は臨済義玄(臨済)に始まり,会下(えか)の黄竜慧南(おうりようえなん)の黄竜派,楊岐方会(ようぎほうえ)の楊岐派の2流を生じ,五家と併せて七流とも呼ばれている。…

【臨済録】より

…中国の臨済禅の開祖,臨済義玄(?‐866)の語録。詳しくは《鎮州臨済恵照禅師語録》。…

※「臨済」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨済の関連キーワード静岡県静岡市葵区大岩本町黄檗希運・黄蘗希運臨済の喝徳山の棒朝比奈宗源済関崇透一元啓諸南堂良偕柴山全慶一関周玄大安阿立岐翁紹禎惟三宗叔無外承広無住道暁上村観光荻野独園霊巌道昭子才清鄴東洲至道明渓光聞

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨済の関連情報