コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台律宗 てんだいりっしゅう

大辞林 第三版の解説

てんだいりっしゅう【天台律宗】

江戸初期に天台宗に起こった律の一派。天台の円頓戒と四分律とを合わせ修めることを主張し、比叡山の安楽律院を根本道場とする。妙立・霊空が開いた。安楽律。安楽派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天台律宗の関連キーワード等妙寺旧境内安楽律院比叡山安楽律四分律天台宗円頓戒妙立一派霊空

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android