コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台律宗(読み)てんだいりっしゅう

大辞林 第三版の解説

てんだいりっしゅう【天台律宗】

江戸初期に天台宗に起こった律の一派。天台の円頓戒と四分律とを合わせ修めることを主張し、比叡山の安楽律院を根本道場とする。妙立・霊空が開いた。安楽律。安楽派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報