天地懸隔(読み)てんちけんかく

精選版 日本国語大辞典の解説

てんち‐けんかく【天地懸隔】

〘名〙 (「てんちけんがく」とも) 非常にかけ離れていること。大きな差違のあること。
※正法眼蔵(1231‐53)三十七品菩提分法「択法覚支は、毫釐有差天地懸隔なり。このゆゑに至道不難易、唯要自揀択のみなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android