コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津武備学堂 てんしんぶびがくどうTian-jin wu-bei-xue-tang; T`ien-chin wu-pei-hsüeh-t`ang

1件 の用語解説(天津武備学堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天津武備学堂
てんしんぶびがくどう
Tian-jin wu-bei-xue-tang; T`ien-chin wu-pei-hsüeh-t`ang

中国,清末の軍学校。李鴻章により光緒 11 (1885) 年,北洋軍幹部養成を目的とする兵備書院が設立された。しかし経費不足のため天津水師公所内に天津武備学堂と改名して併設された。同 22年頃より袁世凱のもとで拡充され,清末洋式新軍の形成発展に大きな役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の天津武備学堂の言及

【洋務運動】より

…曾国藩)などの機械技術学校,北洋水師学堂(1880。李鴻章),天津武備学堂(1886。李鴻章)などの軍官学校が設立された。…

※「天津武備学堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone