コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新軍 しんぐんXin-jun; Hsin-chün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新軍
しんぐん
Xin-jun; Hsin-chün

中国,清末の洋式訓練を受け近代装備をもった軍隊。「新建陸軍」の略。日清戦争の敗北後,清朝は天津付近に駐屯して光緒 30 (1904) 年頃までに「北洋六鎮」といわれる6個師団を編成した。さらに 36個師団編成計画を立てたが,その精鋭の多くは袁世凱の編成になるもので,この武力が袁の政権掌握を可能ならしめた。また,華中華南の新軍将兵のなかには革命を志向するものも多く,辛亥革命にあたって,各地で革命政権の樹立に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新軍【しんぐん】

北洋軍閥

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぐん【新軍 Xīn jūn】

中国,清末に新編創建された新建陸軍の略称。日清戦争により勇営(建国以来の八旗緑営制を太平天国後に改編した中心的漢人部隊)の無能が明らかとなり,西洋式の軍隊が建設されることとなった。1895年(光緒21),淮勇(わいゆう)の一部の定武軍10営を基礎に,天津南東の小站で7300名の新軍が発足した。監督は袁世凱(創立当初は胡棻(こいつふん)),教育長は李鴻章の軍事顧問ハンネケンH.von Hannekenで,万般,ドイツを模範にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぐん【新軍】

日清戦争後、創建された中国の洋式軍隊。「新建陸軍」の略称。袁世凱えんせいがいが統率し、北洋軍の母体となった。義和団事件後逐次増設され、各地の新軍が辛亥革命の推進力となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新軍
しんぐん

中国、清(しん)末に編成された中国最初の近代的軍隊。1894年、5000人、10営で編成した定武軍に始まり、日清戦争敗戦後、袁世凱(えんせいがい)が受け継ぎ、新建陸軍と改称して、天津(てんしん/ティエンチン)近郊の小站(しょうたん)で、ドイツの軍隊をモデルに本格的な建設を開始した。義和団事件後の清朝は、「新政」の要(かなめ)として騎兵、歩兵、工兵、輜重(しちょう)などの各兵種をもち、1万2512人からなる「鎮(ちん)」(師団相当)を全国で36編成することとした。国内各地に武備学堂(士官学校)を設立して、その卒業生ならびに留学生を士官とし、徴募する兵士にも、識字能力、体格、道徳その他一定の基準を設けた。辛亥(しんがい)革命当時までに13ないし14鎮建設され、そのうち袁世凱が掌握していた北洋新軍を中央軍、他を地方軍として清朝の支柱にしようとした。しかし、将兵に革命思想が浸透し、武昌(ぶしょう/ウーチャン)の新軍の蜂起(ほうき)が辛亥革命の発端となった。[小島晋治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新軍の言及

【辛亥革命】より

…しかも宣統年間(1909‐11)に入ると,米騒動,増税反対等の人民闘争のかつてない高まりが全国各地をおそった。半植民地化にともなう社会変動のきしみは,大量の流民・無産者を生み出し,新軍,会党につぎつぎと新しい血液を供給していた。革命派の清朝打倒のよびかけは,ほとんど社会の全階層からそれぞれに期待される革命情勢の高揚を生み出したのである。…

※「新軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新軍の関連キーワードハッジャージュ・ブン・ユースフベラスコ・アルバラード米軍のフィリピン駐留中国革命同盟会イェニ・チェリエディルネ事件イェニチェリ広東新軍事件天津武備学堂CIS軍創設セリム3世曹【こん】ライフル銃光州事件マリウス武昌起義村田清風乃木希典四川暴動文学社

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新軍の関連情報