コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天章 てんしょう

1件 の用語解説(天章の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

天章

儒僧・勤王家・詩人。字は肇海、名は慈英。京都の人。摩島松南仁科白谷に師事。初め浄土宗に入り、のち禅門に帰した。維新の際は大原重徳等勤王の志士と往来し国事に尽力した。詩文・和歌を能くした。著書に『竺常集』『嵐山風雅集』等がある。明治4年(1871)歿、57才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone