コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天章 てんしょう

美術人名辞典の解説

天章

儒僧・勤王家・詩人。字は肇海、名は慈英。京都の人。摩島松南仁科白谷に師事。初め浄土宗に入り、のち禅門に帰した。維新の際は大原重徳等勤王の志士と往来し国事に尽力した。詩文・和歌を能くした。著書に『竺常集』『嵐山風雅集』等がある。明治4年(1871)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

天章の関連キーワード沼尻墨僊殿閣学士瑞渓周鳳竇娥冤詰め碁贋作周文包拯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android