コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天章 てんしょう

1件 の用語解説(天章の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

天章

儒僧・勤王家・詩人。字は肇海、名は慈英。京都の人。摩島松南仁科白谷に師事。初め浄土宗に入り、のち禅門に帰した。維新の際は大原重徳等勤王の志士と往来し国事に尽力した。詩文・和歌を能くした。著書に『竺常集』『嵐山風雅集』等がある。明治4年(1871)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天章の関連キーワード華園摂信天章慈英宇田淵中村無二富士谷元広横田順宣柳東黒沢時子王家李王家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone