太刀懸の草摺(読み)タチカケノクサズリ

精選版 日本国語大辞典の解説

たちかけ【太刀懸】 の 草摺(くさずり)

(よろい)の草摺で、敵の射かける矢に向かう部分として、特に入念に製作し、胴の左脇に蝙蝠付(こうもりづけ)で連接したもの。弓手(ゆんで)の草摺。たちかけ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android