コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓手/左手 ユンデ

デジタル大辞泉の解説

ゆん‐で【弓手/左手】

《「ゆみて」の音変化》
弓を持つほうの手。左の手。⇔馬手(めて)
「浪子の―を執(と)りて」〈蘆花不如帰
左の方。左。⇔馬手
「忽(たちま)ち―の畑路より、夫婦と見ゆる百姓二人」〈蘆花不如帰

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆんで【弓手】

〔「ゆみて」の転。弓を持つ方の手の意〕
左の手。 「馬手めてに血刀、-に手綱」
左の方。 「 -になしては射て通り/平家 11
▽↔ 馬手めて

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弓手
ゆんで

の異称。を持つ手「ゆみて」の音便で、馬の手綱をとる右手を「馬手(めて)」というのに対す。転じてひだりて(左側)をいい、鎧(よろい)の右脇(わき)の草摺(くさずり)を「射向(いむき)の草摺」というのに対して、左脇のそれを「弓手の草摺」と称し、左側から体を後ろひねりにすることを「弓手捩(もじり)」などという。
 犬追物(いぬおうもの)では、左側に犬を受けてその犬の左を射ることで、「弓手横」(犬の左を射る)、「弓手切」(禁じ手。前を横切る犬を右から射る)などの用語がある。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の弓手/左手の言及

【賦役】より

… 宋代になると,郷村の民戸組織にともなう里正などの役が重要になり,職役(しよくえき)と呼ばれている。その内容は,徴税(里正,戸長,郷書手)や治安維持(耆長,弓手,壮丁)をはじめとし,官物の輸送(衙前)などにも当たった。また唐代の番役に相当する官庁の各種労務(承符,人力,手力,散人)も依然として存在した。…

【右と左】より

…日本文化の場合,いったい尚右なのかそれとも尚左なのかは,一概に論ずることはできないが,右優位を暗黙の前提としていることが多いようである。 なお,古くは右または右手を馬手(めて)(馬上で手綱を持つ手),左または左手を弓手(ゆんで)(弓を取る手)と呼んだ。例えば《保元物語》に剛弓を引く源為朝は〈弓手のかひな馬手に四寸のびて,矢づかを引く事世に越たり〉とある。…

※「弓手/左手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弓手/左手の関連キーワード武装と武具[古代ローマ]手ぐすね引く射向の草摺馬手・右手ブレーサー野呂間人形手薬練引くおっこむ北原人形押っ込む車人形逆茂木人形劇片手矢伏し様尻臀血刀丈量役法穂首

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android