コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草摺 くさずり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草摺
くさずり

甲冑の胴の垂れ下半身を防御する部分の名称。裾が草をこするところからこの名があるといわれる。大鎧では前後左右の4間に分れ,胴丸腹巻では戦闘歩行に便利なように7~8間に分れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くさ‐ずり【草×摺】

草の葉や花を衣服にすりつけて着色すること。また、そのもの。
鎧(よろい)の胴の付属具。大腿部を守るために、革または鉄を連結して、ふつう五段下りにおどし下げる。下散(げさん)。垂れ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさずり【草摺】

草の葉や花をすりつけて衣服を染めること。また、その衣服。
よろいの衡胴かぶきどうから垂らし、下腹部・大腿部を保護するもの。小片をつなぎ合わせ、足さばきをよくするため、数か所縦割りにしてある。下散げさん。こしよろい。 → 大鎧

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の草摺の言及

【甲冑】より

…付属具については,冑の場合,頸部を守るための錣(しころ)が伴う。甲には,頸鎧(あかへよろい),肩鎧,籠手(こて),草摺(くさずり),臑当(すねあて)などがあり,なかには,草摺のように革製漆塗の例が確認されているものがある。草摺は挂甲の場合,胴部の小札に続けて縅し,一体のものとしてつくっていることが多いが,この小札草摺の部分だけが短甲に付属することがあるというように,本来は挂甲に付属するものが,短甲に伴うこともある。…

【挂甲】より

…中国の挂甲の歴史は,湖南省長沙左家公山戦国墓出土の革製挂甲や,河南省洛陽西郊前漢墓出土の鉄製挂甲にさかのぼることができる。秦始皇陵の兵馬俑に見る甲の手法は,胴甲を固定的に威(おど)し,草摺(くさずり)と肩甲(かたよろい)とを挂甲の手法で伸縮性をもたせて作ったものである。この挂甲の手法を用いた部分では,下段の小札を上段の小札の上面に重ねていることに注意したい。…

【短甲】より

…短甲の特殊型式として,後胴の上部に頸(くび)の背面を保護する襟を設けた襟付短甲は,日本では三角板革綴と三角板鋲留との両者に遺品があり,韓国では竪矧式鋲留短甲の1例が出土している。 なお完備した短甲には,頸のまわりから肩を覆う付属具を用い,裾に草摺(くさずり)を垂下する。前者は頸まわりの部品を頸甲(あかべよろい),頸甲の両側から肩に垂下する部品を肩甲(かたよろい)と呼ぶ習慣があるが,一連のもので二つに分離すべきではない。…

【鎧】より

…大鎧の形状は鉄薄板金や革を長方形に切断した小札(こざね)のはしを革で重ね,横に並列してからんだ小札板を,韋(なめしがわ)あるいは組糸で1段1段上下につづりあわせて形成する。立挙(たてあげ)が前2段,後ろは押付板(おつつけのいた),逆(さか)板,三の板の3段とし,衡胴(かぶきどう)(長側(ながかわ))すなわち胴回りは4段にして正面,射向(いむけ)(左脇),背面とつらなり,右脇の引合せの闕(あき)に別に壺板(つぼいた)に蝙蝠付(こうもりづけ)をもって草摺(くさずり)を垂れた脇楯(わいだて)をあてる。胴の正面には弦走韋(つるばしりのかわ)を張る。…

※「草摺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草摺の関連キーワード太刀懸の草摺射向の草摺引っ敷の板弓手の草摺馬手の草摺小札草摺引敷の板草摺引物服部梅信草摺引き菱縫の板金隠し端裾濃一の板裾金物揺の板芝打ち褄取縅沢瀉屋草摺長

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android