太田 保太郎(読み)オオタ ヤスタロウ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の弁護士,実業家 神戸市議;摩耶鋼索鉄道社長。



生年
安政6年3月(1859年)

没年
昭和9(1934)年10月29日

出身地
越後国(新潟県)

学歴〔年〕
東京大学卒

経歴
検事を経て、明治24年弁護士を開業する。一方、神戸市議・議長として活躍。また摩耶鋼索鉄道社長のほか、神戸電気・兵庫電鉄などの法律顧問を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android