コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失血死 シッケツシ

デジタル大辞泉の解説

しっけつ‐し【失血死】

多量の出血により、生命の維持に必要とされる血液の量を失ったために死ぬこと。→失血

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の失血死の言及

【ショック】より

…神経性ショック死は,〈急所〉といわれる頸部,みぞおち,睾丸,妊娠時の女性性器が外力により圧迫されたり打撲された際や,突然に高温や低温にさらされた際や,外傷や火傷で強い疼痛を生じた際や,胸膜や腹膜が機械的に刺激された際などに,ショックを起こして死亡するものである。出血性ショック死は失血死といわれるもので,外傷や大動脈瘤などの破裂で急激に,あるいは徐々に多量の出血が起こった際にみられる。過敏症ショック死はジフテリア血清や破傷風血清を2度目に注射された際や,ペニシリンなどの抗生物質,局所麻酔剤,ピリン系などの解熱鎮痛剤を注射されたり,服用した際や,ハチなどに刺された際などにショックを起こして死亡するもので,薬物によるショック死は薬物ショック死ともいわれる。…

※「失血死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

失血死の関連キーワード名古屋・西区主婦殺害事件岐阜市の男女殺傷事件京田辺父親殺害事件長崎市長射殺事件山本病院事件ワルファリンコモド大蜥蜴ホールデン今市事件自殺死斑

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失血死の関連情報