コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失血 シッケツ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐けつ【失血】

[名](スル)出血のため多量の血液を失うこと。
[補説]成人が、動脈性出血で全血液量の3分の1以上を失うと生命の危険があり、2分の1以上失われると心停止をきたす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

失血【しっけつ】

大量の血液が急速に失われること。ショック状態を呈し,はなはだしい場合は死亡する。全血量の約3分の1以上が急に失われると危険である。外傷などで体外に血液が流失するほかに,消化管,胸腔,腹腔内などの見えない場所へ大量の血液が流出することもまれでない。
→関連項目脳貧血

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

失血

 体から血液が失われて生命に危険が生ずること.出血とは異なる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しっけつ【失血】

( 名 ) スル
〘医〙 生体が出血によってかなりの量の血液を失った状態。成人で、全血液の約2分の1以上を失うと死に至る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

失血
しっけつ

出血によって多量の血液が失われることで、急性と慢性がある。急性失血は外傷、出血性潰瘍(かいよう)、動脈瘤(りゅう)破裂、食道静脈瘤破裂などでおこる。成人では500ミリリットル以下の失血は輸血せずに回復できるが、循環血液量(5~6リットル)の約3分の1が失われると血圧が低下して出血性ショックに陥り、生命の危険がある。この場合は、迅速な輸血、止血、その他の処置によって回復する可能性があるが、2分の1以上失われると心停止をきたす。潰瘍、痔疾(じしつ)、血友病性出血、婦人科疾患、腫瘍(しゅよう)などのように緩徐で慢性の失血では、血圧低下などの血液循環の変動はなく、赤血球や血色素の減少を示す鉄欠乏性貧血の病態を呈する。[荒木京二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

失血の関連キーワード特発性血小板減少性紫斑病名古屋・西区主婦殺害事件岐阜市の男女殺傷事件新生児の頭蓋内出血京田辺父親殺害事件長崎市長射殺事件産科ショックアメリカ鉤虫鉄欠乏性貧血低色素性貧血ワルファリン山本病院事件コモド大蜥蜴乾燥人血漿ホールデン血液代用薬小児貧血代用血漿腎不全寄生虫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失血の関連情報