コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良利永 なら としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良利永 なら-としなが

?-? 江戸時代前期の装剣金工。
奈良利治(としはる)の子。江戸神田にすむ。奈良派4代,延宝-元禄(げんろく)(1673-1704)ごろに活躍。通称は七郎左衛門。号は知閑。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone