コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女探偵ドロテ

1件 の用語解説(女探偵ドロテの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

女探偵ドロテ

フランスの小説家モーリスルブランの冒険推理小説(1923)。原題《〈仏〉Dorothée, Danseuse de Corde》。アルセーヌ・ルパンは登場しないが、『カリオストロ伯爵夫人』で提示された“4つの謎”のひとつが本作で解明されるため、「アルセーヌ・ルパン」“準”シリーズとして扱われることがある。『綱渡りのドロテ』『妖魔と女探偵』の邦題もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女探偵ドロテの関連キーワード赤い数珠赤い輪カリオストロの復讐ジェリコ公爵虎の牙813八点鐘バール・イ・ヴァ荘真夜中から七時までルパンの冒険

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone