コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

始めは処女の如く後は脱兎の如し ハジメハショジョノゴトクノチハダットノゴトシ

デジタル大辞泉の解説

始(はじ)めは処女(しょじょ)の如(ごと)く後(のち)は脱兎(だっと)の如(ごと)し

《「孫子」九地から》初めはおとなしく弱々しく見せて敵を油断させ、のちには見違えるほどすばやく動いて敵に防御する暇を与えないという兵法のたとえ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はじめはしょじょのごとくのちはだっとのごとし【始めは処女の如く後は脱兎の如し】

〔孫子 九地
はじめは弱々しく見せかけて敵を油断させ、のちにすばやく攻撃するたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone