九地(読み)キュウチ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ち〔キウ‐〕【九地】

きわめて低い所。地の底。⇔九天
「九天の上から―の底に落ちた気がした」〈魯庵・くれの廿八日〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうち【九地】

非常に低い所。地の底。また、敵に発見されにくい場所。 ⇔ 九天 「九天の上から-の底に落ちた気がした/くれの廿八日 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐ち キウ‥【九地】

〘名〙 きわめて低いところ。また、いくさをするとき、敵に発見されにくい地。地の底。
※続日本紀‐天平宝字四年(760)一二月丙申「令諸葛亮八陳、孫子九地及結営向背」 〔孫子‐軍形〕

く‐じ ‥ヂ【九地】

〘名〙 仏語。欲界・色界(しきかい)・無色界の三界(さんがい)を九つに区分していう総称。欲界は五趣(ごしゅ)の区別があるが合して一地とみなし、それに色界の四地と無色界の四地とを加える。すなわち、欲界五趣地、離生喜楽地、定生喜楽地、離喜妙楽地、捨念清浄地、空無辺処地、識無辺処地、無所有処地、悲想非非想処地の九。九土(くど)。〔大蔵法数‐五〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九地の関連情報