姫始め(読み)ヒメハジメ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐はじめ【姫始め】

暦の正月2日のところに記された日柄(ひがら)の名。種々の事柄をその年に初めて行う日とされる。姫飯(ひめいい)を食べはじめる日、「飛馬(ひめ)始め」の意で馬に乗りはじめる日、女が洗濯・縫い物などを初めてする日など。また近世以降、新年に男女が初めて交わることにもいう。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめはじめ【姫始め】

頒暦はんれきの正月に記された暦注の一。正月にやわらかくたいた飯(=姫飯ひめいい)を食べ始める日とも、「飛馬始め」で馬の乗り初めの日とも、「姫糊始め」の意で女が洗濯や洗い張りを始める日ともいわれる。
新年にはじめて男女が交わること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姫始めの関連情報