姫始め(読み)ヒメハジメ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐はじめ【姫始め】

暦の正月2日のところに記された日柄(ひがら)の名。種々の事柄をその年に初めて行う日とされる。姫飯(ひめいい)を食べはじめる日、「飛馬(ひめ)始め」の意で馬に乗りはじめる日、女が洗濯・縫い物などを初めてする日など。また近世以降、新年に男女が初めて交わることにもいう。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめはじめ【姫始め】

頒暦はんれきの正月に記された暦注の一。正月にやわらかくたいた飯(=姫飯ひめいい)を食べ始める日とも、「飛馬始め」で馬の乗り初めの日とも、「姫糊始め」の意で女が洗濯や洗い張りを始める日ともいわれる。
新年にはじめて男女が交わること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姫始めの関連情報