コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子法 シホウ

デジタル大辞泉の解説

し‐ほう〔‐ハフ〕【子法】

他国の法を範として成立した法。⇔母法。→継受法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しほう【子法】

〘法〙 ある法体系を範として成立した法。 ↔ 母法継受法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

子法の関連キーワードヨルダン(Ernst Pascual Jordan)人を愛し人を利する者は天必ず之に福す始め有るものは必ず終わり有り始め有る者は必ず終わりありネルソン ダンフォード百川海に学んで海に至る生ある者は必ず死ありイオンプレーティング中野小左衛門(初代)レーザー同位体分離法参議院議員の大臣親子(おやこ)レーザー濃縮法ラプラス変換謄写版印刷磁気探傷法ヘビサイド揚雄・楊雄萩谷麻衣子X線分光学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子法の関連情報