他国(読み)タコク

デジタル大辞泉 「他国」の意味・読み・例文・類語

た‐こく【他国】

自分の国でない国。よその国。外国
自分の生まれた土地でない土地。他郷
自分の土地を離れてよそへ行くこと。
「其の家たたむ時は―して二たびかせぎ出し」〈浮・織留・二〉
[類語]外国海外異国異邦異境異郷他郷外つ国外邦他邦異朝異土外地海彼かいひ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「他国」の意味・読み・例文・類語

た‐こく【他国】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 自分の生まれた国でない国。よその国。
    1. [初出の実例]「何ぞ、唯他国の伝録に慎しみて、自土の奇事を信(う)け恐りざらむや」(出典日本霊異記(810‐824)上)
  3. 生まれ故郷でない土地。ほかの土地。他郷(たきょう)
    1. [初出の実例]「去洛陽他国、道に来合女人」(出典:江談抄(1111頃)二)
  4. ( ━する ) 自分の生まれた国を出てよその国へ行くこと。他国に移住すること。
    1. [初出の実例]「一向他国仕候はんずる事は難堪至極候之間」(出典:政基公旅引付‐文亀元年(1501)九月一九日)
    2. 「其家たたむ時は他国(タコク)して二たびかせぎ出し」(出典:浮世草子西鶴織留(1694)二)

あだし‐くに【他国】

  1. 〘 名詞 〙 ほかの国。外国。異国。ことくに。
    1. [初出の実例]「凡(すへ)て佗国(アタシクニ)の人は、産(こう)む時に臨みて、本つ国の形を以て産生(あれま)す」(出典:古事記(712)上(兼永本訓))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「他国」の読み・字形・画数・意味

【他国】たこく

他の国。〔孟子、尽心下〕齊を去るや、淅(かしごめ)を接(すく)ひて行く。他國を去るのなり。

字通「他」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android