他国(読み)タコク

  • あだしくに

デジタル大辞泉の解説

自分の国でない国。よその国。外国。
自分の生まれた土地でない土地。他郷。
自分の土地を離れてよそへ行くこと。
「其の家たたむ時は―して二たびかせぎ出し」〈浮・織留・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ほかの国。外国。異国。ことくに。
※古事記(712)上(兼永本訓)「凡(すへ)て佗国(アタシクニ)の人は、産(こう)む時に臨みて、本つ国の形を以て産生(あれま)す」
〘名〙
① 自分の生まれた国でない国。よその国。
※霊異記(810‐824)上「何ぞ、唯他国の伝録に慎しみて、自土の奇事を信(う)け恐りざらむや」
② 生まれ故郷でない土地。ほかの土地。他郷(たきょう)
※江談抄(1111頃)二「去洛陽他国、道に来合女人
③ (━する) 自分の生まれた国を出てよその国へ行くこと。他国に移住すること。
※政基公旅引付‐文亀元年(1501)九月一九日「一向他国仕候はんずる事は難堪至極候之間」
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「其家たたむ時は他国(タコク)して二たびかせぎ出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他国の関連情報