他国(読み)タコク

デジタル大辞泉の解説

た‐こく【他国】

自分の国でない国。よその国。外国。
自分の生まれた土地でない土地。他郷。
自分の土地を離れてよそへ行くこと。
「其の家たたむ時は―して二たびかせぎ出し」〈浮・織留・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たこく【他国】

( 名 ) スル
よその土地。他郷。
外国。
よその国へ行くこと。 「其の家たたむ時は-して二たびかせぎだし/浮世草子・織留 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あだし‐くに【他国】

〘名〙 ほかの国。外国。異国。ことくに。
※古事記(712)上(兼永本訓)「凡(すへ)て佗国(アタシクニ)の人は、産(こう)む時に臨みて、本つ国の形を以て産生(あれま)す」

た‐こく【他国】

〘名〙
① 自分の生まれた国でない国。よその国。
※霊異記(810‐824)上「何ぞ、唯他国の伝録に慎しみて、自土の奇事を信(う)け恐りざらむや」
② 生まれ故郷でない土地。ほかの土地。他郷(たきょう)
※江談抄(1111頃)二「去洛陽他国、道に来合女人
③ (━する) 自分の生まれた国を出てよその国へ行くこと。他国に移住すること。
※政基公旅引付‐文亀元年(1501)九月一九日「一向他国仕候はんずる事は難堪至極候之間」
浮世草子・西鶴織留(1694)二「其家たたむ時は他国(タコク)して二たびかせぎ出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他国の関連情報