母法(読み)ぼほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

母法
ぼほう

法制度,法技術などの点において複数の法秩序の間に類似性が認められる場合がある。その類似性が,ある一つの法秩序を他の法秩序が継受あるいは模倣した結果である場合,継受あるいは模倣された側の法秩序を母法と呼ぶことがある。なお継受あるいは模倣した側の法秩序を娘法と呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼ‐ほう ‥ハフ【母法】

〘名〙 法が他民族または他国家に受け継がれているとき、その母体となった法。⇔子法

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

母法の関連情報