コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母法 ぼほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

母法
ぼほう

法制度,法技術などの点において複数の法秩序の間に類似性が認められる場合がある。その類似性が,ある一つの法秩序を他の法秩序が継受あるいは模倣した結果である場合,継受あるいは模倣された側の法秩序を母法と呼ぶことがある。なお継受あるいは模倣した側の法秩序を娘法と呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼ‐ほう〔‐ハフ〕【母法】

法の継受が行われた場合に、その模範・根源となる他国または他民族の法。⇔子法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼほう【母法】

法継受にあたって模範とされた法。 ↔ 子法

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone