季節遅・季節後(読み)きせつおくれ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 それにふさわしい季節からおくれていること。
※抒情歌(1932)〈川端康成〉「お正月といっても松の内を過ぎてかるた会には季節おくれのためか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android