コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松の内 マツノウチ

4件 の用語解説(松の内の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつ‐の‐うち【松の内】

正月の松飾りを立てておく期間。元日から7日、また15日まで。注連(しめ)の内。 新年》「子を持たぬ身のつれづれや―/荷風

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつのうち【松の内】

正月の松飾をしておく期間内のこと。門松年棚の松は年神の依代(よりしろ)と考えられるから,松飾のある間は正月の年神祭が続いていると理解することができる。その期間は土地によって必ずしも一定せず,元旦から3日まで,あるいは7日,15日前後までとする所などがあるが,一般に松の内は短くなる傾向にある。しかし,4日朝の僧侶による寺年始までには門松をとってしまうべきだとする所でも,屋内の神棚の松飾や注連(しめ)飾をはずすのはそれより後だとする所が少なくないし,また3日など比較的早い時期に門松をとる所では,その穴の跡に門松の芯の小枝をとって少し挿しておく所が珍しくないことから,3日などではなく,7日もしくはそれよりも長い期間が本来の松の内ではなかったかと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつのうち【松の内】

正月の松飾りのある間。元旦から7日、あるいは15日まで。 [季] 新年。 《 はらからの訪ひつ訪はれつ- /星野立子 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松の内
まつのうち

正月の門松(かどまつ)の立っている期間。門松は、年神の依代(よりしろ)であるから、年神が家々に滞在する期間であり、狭い意味での正月である。門松を取り払う日は各地各様で、したがって松の内も一定しない。普通、元日から七日正月までをいうが、七草(ななくさ)を大(おお)正月に含めて8日までとする地方があり、逆に6日までとする例もある。京都や大阪では15日までであるが、小(こ)正月の若木迎えが早く薄れたために、大正月から一連のものと考えたためであろう。松飾りを焼く「とんど」も、7日前後と15日前後にある。門松を取り払ったあと、門松の先を切って門松を立てていた杭(くい)の穴に刺し、門松の元服などとよんでいる例が多い。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松の内の関連キーワード根曳きの松松飾り正月始め鳥総松鳥小屋二十日正月松納め道祖土焼注連貰い正月布子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松の内の関連情報