松の内(読み)マツノウチ

デジタル大辞泉の解説

まつ‐の‐うち【松の内】

正月の松飾りを立てておく期間。元日から7日、また15日まで。注連(しめ)の内。 新年》「子を持たぬ身のつれづれや―/荷風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつのうち【松の内】

正月松飾をしておく期間内のこと。門松年棚の松は年神の依代(よりしろ)と考えられるから,松飾のある間は正月の年神祭が続いていると理解することができる。その期間は土地によって必ずしも一定せず,元旦から3日まで,あるいは7日,15日前後までとする所などがあるが,一般に松の内は短くなる傾向にある。しかし,4日朝の僧侶による寺年始までには門松をとってしまうべきだとする所でも,屋内の神棚の松飾や注連(しめ)飾をはずすのはそれより後だとする所が少なくないし,また3日など比較的早い時期に門松をとる所では,その穴の跡に門松の芯の小枝をとって少し挿しておく所が珍しくないことから,3日などではなく,7日もしくはそれよりも長い期間が本来の松の内ではなかったかと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつのうち【松の内】

正月の松飾りのある間。元旦から7日、あるいは15日まで。 [季] 新年。 《 はらからの訪ひつ訪はれつ- /星野立子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松の内
まつのうち

正月の門松(かどまつ)の立っている期間。門松は、年神の依代(よりしろ)であるから、年神が家々に滞在する期間であり、狭い意味での正月である。門松を取り払う日は各地各様で、したがって松の内も一定しない。普通、元日から七日正月までをいうが、七草(ななくさ)を大(おお)正月に含めて8日までとする地方があり、逆に6日までとする例もある。京都や大阪では15日までであるが、小(こ)正月の若木迎えが早く薄れたために、大正月から一連のものと考えたためであろう。松飾りを焼く「とんど」も、7日前後と15日前後にある。門松を取り払ったあと、門松の先を切って門松を立てていた杭(くい)の穴に刺し、門松の元服などとよんでいる例が多い。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

まつ【松】 の 内(うち)

正月の門松・松飾りを立てておく間。元日から七日までの称。古く上方では正月一五日までをいった。しめのうち。《季・新年》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

まつのうち【松の内】

[一] 河東節。竹婦人(または鶴見一魚とも)作詞。初代十寸見(ますみ)河東作曲。享保二年(一七一七)江戸市村座初演。歌舞伎「けいせい富士高根」の郭の場面で、化粧坂の少将の出端に語られたものらしい。大磯の郭の元日から七草までの情景を綴る。
[二] 地唄本調子。歌詞は河東節と同じ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

松の内
〔河東〕
まつのうち

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
つるみ一魚
初演
享保2.2(江戸・市村座)

松の内
〔常磐津〕
まつのうち

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治14.1(東京・浜の延寮館)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松の内の関連情報