コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川端康成 かわばた やすなり

8件 の用語解説(川端康成の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川端康成

小説家。大阪生。東大国文科卒。在学中に第六次「新思潮」に参加、菊池寛に認められる。卒業後横光利一らと「文芸時代」を創刊し、新感覚派の作家・理論家として注目された。代表作に『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』等があり、日本的抒情文学の代表作家である。芸術院会員芸術院賞ノーベル文学賞受賞。文化勲章受章。昭和47年(1972)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわばた‐やすなり〔かはばた‐〕【川端康成】

[1899~1972]小説家。大阪の生まれ。「新思潮」に発表した「招魂祭一景」で認められ、横光利一らとともに「文芸時代」を創刊。新感覚派として出発。日本ペンクラブ会長。文化勲章受章。昭和43年(1968)ノーベル文学賞受賞。のち、ガス自殺。作「伊豆の踊子」「浅草紅団(あさくさくれないだん)」「雪国」「千羽鶴」「山の音」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

川端康成【かわばたやすなり】

小説家。大阪市生れ。東大国文卒。大学在学中,1921年第6次《新思潮》発刊,1923年《文芸春秋》同人。1924年横光利一らと《文芸時代》を創刊し,初期の代表作《伊豆の踊子》(1926年)その他を書いて新感覚派の代表作家となった。(1899-1972)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川端康成 かわばた-やすなり

1899-1972 大正-昭和時代の小説家。
明治32年6月14日生まれ。大正13年横光利一らと「文芸時代」を創刊して新感覚派運動をおこす。15年「伊豆の踊子」を発表,短編作家としてみとめられる。独自の美的世界を追求し,「雪国」「千羽鶴」「山の音」などを発表。36年文化勲章。43年ノーベル文学賞。昭和47年4月16日自殺。72歳。大阪出身。東京帝大卒。
【格言など】人間はみなに愛されているうちに消えるのが一番よい(「山の音」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かわばたやすなり【川端康成】

1899‐1972(明治32‐昭和47)
小説家,評論家。大阪市生れ。一高をへて東大国文科卒。第6次《新思潮》に発表した《招魂祭一景》(1921)の新鮮な感覚を菊池寛らに認められて文壇に出た。横光利一らと新感覚派の機関誌《文芸時代》に拠り,新感覚派が昭和初期に腐食してしまったあとも新感覚派的手法を生かし続けた。《浅草紅団(くれないだん)》(1929‐30),《禽獣》をへて到達した極点に《雪国》(1935‐47)があり,近代抒情文学の代表作品となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かわばたやすなり【川端康成】

1899~1972) 小説家。大阪市生まれ。東大卒。横光利一らと「文芸時代」を創刊,新感覚派の代表作家として活躍。以後,日本的美意識を追求し続け,1968年(昭和43)ノーベル文学賞を受賞。自殺。作「伊豆の踊子」「雪国」「千羽鶴」「山の音」「みづうみ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川端康成
かわばたやすなり

[生]1899.6.11. 大阪
[没]1972.4.16. 逗子
小説家。早くから父母,姉,祖父母に死なれ伯父の家に育った。第一高等学校を経て東京大学国文学科卒業 (1924) 。在学中に同級生らと第6次『新思潮』を発刊 (21) ,『招魂祭一景』 (21) が出世作となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川端康成
かわばたやすなり
(1899―1972)

小説家。明治32年6月14日、大阪に生まれる。医師の父栄吉、母ゲンの長男。1901年(明治34)父、翌年母が亡くなり、大阪府三島郡豊川村大字宿久庄(しゅくのしょう)(現茨木(いばらき)市宿久庄)で祖父母に育てられた。小学校入学の年祖母、4年のとき姉、中学3年の5月に祖父が亡くなり、まったくの孤児になった。母の実家に引き取られ、親戚(しんせき)の世話になりながら茨木中学を終え、旧制第一高等学校、東京帝国大学と進んだ。帝大1年の21年(大正10)石浜金作、鈴木彦次郎らと第六次『新思潮』を創刊。2号に載せた『招魂祭一景』によって菊池寛らに認められた。この年、16歳の少女伊藤初代と婚約し、1か月後彼女の心変わりで破約になるという事件があった。身辺の多くの死、孤児の体験、失恋の痛手などは川端文学の根本的性格を形づくるうえで作用した。24年、国文科を卒業。この年10月、横光利一、片岡鉄兵、中河与一、今東光らと『文芸時代』を創刊、斬新(ざんしん)な文学の出現として世の注目を浴びた。評論家千葉亀雄がこの派を新感覚派とよび、それは、当時やはりはっきりした姿を現してきたプロレタリア文学とともに、昭和初期の二大文学潮流を形づくることになった。
 川端は『十六歳の日記』(中学時代の日記。1925発表)、『伊豆の踊子』(1926)など写実味の勝った作品も発表したが、それよりも、現実を主観のなかで組み立て直し新しく結晶させた詩的な作品を多く書いた。そういう作品を通して、ままならぬ現実に呻吟(しんぎん)して動きのとれぬような前代の文学のあり方を振り払い、瞬間に命をかけて生き抜く、清新な生き方を提出しようとした。『白い花』(1923)、『二十年』(1925)、『叩(たた)く子』(1928)などの掌(たなごころ)の小説、モダニズムの作品『浅草紅団(くれないだん)』(1929~1930)などがその例である。しかし新心理主義の小説『水晶幻想』(1931)のころから虚無的側面が目だつようになった。プロレタリア文学もモダニズム文学もともに圧殺され、国家主義的傾向が強くなる世の成り行きも関係している。虚無の傾向は『禽獣(きんじゅう)』(1933)、『虹(にじ)』(1934)のころにもっとも深く、そこには人間的生のむなしさが吐き出すように語られている。しかし『雪国』(1935~1947)あたりから、徒労なら徒労のままの人生を懸命に生き抜く命を、悲しみのうちに見守るような作風に移り、小康を得た。1937年(昭和12)の日中戦争以後、戦争を運命のようにみながら、しかし戦争によってもてあそばれる各国個々人の立場に思いをはせ、世界各民族が混血融合する平和な未来を願い祈る『高原』(1937~1939)のような作品も書いた。
 戦争末期には、まさに滅びようとする日本の古典に思いを寄せたが、敗戦直後、次々の友人・知己の死のなかで、「私はもう死んだ者として、あはれな日本の美しさのほかのことは、これから一行も書かうとは思はない」(1945「島木健作追悼」)と述べた。しかし、しだいに回復し、『千羽鶴(せんばづる)』(1949~1951)、『山の音』(1949~1954)、『名人』(1951~1952)など戦後の名作が生まれる。それらは古典の伝統も生かしつつ、『千羽鶴』には老い近い川端の夢が、『名人』には覚悟が、『山の音』には両者の平衡に心を砕く現実人の姿が書かれている。しかし、『みづうみ』(1954)では美しい女の後をやみくもにつけずにはいられない魔性の男銀平を、『眠れる美女』(1960~1961)では老人の陰微な性を描き、晩年の川端の作品は一種狂気につき入ろうとしたところがある。魔界につき入る狂気と、そこをくぐり抜けて出る仏界と、両者の緊張関係の内に、川端の目ざすところはあったようである。
 1948年(昭和23)日本ペンクラブ第4代会長に就任。1957年に国際ペンクラブ東京大会を主催。1961年文化勲章受章、1968年ノーベル文学賞受賞。しかし昭和47年4月16日、自らの名声に反逆するような形でガス自殺を遂げた。川端はまた批評家としても優れ、その批評眼に認められて世に出た作家には、堀辰雄(たつお)、北条民雄(ほうじょうたみお)、岡本かの子、三島由紀夫などがいる。[羽鳥徹哉]
『『川端康成全集』35巻・補巻2(1980~1983・新潮社) ▽『川端康成研究叢書』10巻・補巻1(1976~1983・教育出版センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川端康成の言及

【伊豆の踊子】より

川端康成の中編小説。1926年《文芸時代》に発表,27年第2小説集《伊豆の踊子》に収められた。…

【新感覚派】より

…文学流派。1924年(大正13)10月に同人雑誌《文芸時代》(1927年5月終刊)が創刊され,そこに結集した横光利一,川端康成,中河与一,今東光,片岡鉄兵らがこの名で呼ばれ,表現技法の革新を行った。命名者は千葉亀雄で《世紀》24年11月号誌上の文芸時評で〈新感覚派の誕生〉をうたったことによりこの名が文壇に定着した。…

【北条民雄】より

…結婚後,癩(らい)の発病があり離婚して1934年に東京府下の全生病院(現,国立療養所多磨全生園)に入院した。川端康成と通信で知り合い,その斡旋で《間木老人》(1935)を発表した。ついで36年には《いのちの初夜》(原題は《最初の一夜》で,川端が改題した)を発表,文学界賞を受けた。…

【山の音】より

川端康成の長編小説。1949年から54年にかけて文芸各誌に分載されて成った。…

【雪国】より

川端康成の長編小説。1935年から47年にかけて,文芸各誌に分載し,大幅に改作・推敲して含蓄豊かな近代抒情文学の頂点をなす作品が完成した。…

※「川端康成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川端康成の関連キーワード細田民樹浅見淵石浜金作伊藤人誉大泉黒石諏訪三郎竹本小津賀(初代)寺崎浩寺本忠雄鳴山草平

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川端康成の関連情報