学士院賞(読み)がくしいんしょう

精選版 日本国語大辞典「学士院賞」の解説

がくしいん‐しょう ガクシヰンシャウ【学士院賞】

〘名〙 学術研究を奨励するため、日本学士院が、すぐれた研究業績に対して、毎年一回贈与する賞。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の学士院賞の言及

【日本学士院】より

…このように,東京学士会院はいわば学術上の〈鹿鳴館〉として誕生したわけであり,設立当初はさしたる内実をもたなかったのは当然であったが,万国学士院連合Union académique internationale(略称UAI)への加盟を契機に,1906年には帝国学士院へと改組され,しだいに学術機関としての体裁を整えるにいたった。すなわち,10年皇室からの下賜金を基金に制定された恩賜賞や,翌11年財閥からの寄付金により設けられた学士院賞などの授賞制度は学士院の権威を高めたし,各種の研究補助金は学術振興に一定の役割を果たした。 第2次大戦後の学術体制刷新運動の中で,帝国学士院は,学界における権威主義および封建主義の牙城(がじよう)と目されて,批判,攻撃の対象となった。…

※「学士院賞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android