コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本学士院賞 ニホンガクシインショウ

デジタル大辞泉の解説

にほんがくしいん‐しょう〔ニホンガクシヰンシヤウ〕【日本学士院賞】

日本学士院が学術研究を奨励するために、すぐれた研究・論文・著書に対して毎年1回授与する賞。明治45年(1912)帝国学士院賞として創設、昭和23年(1948)より現名称。→恩賜賞(おんししょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本学士院賞【にほんがくしいんしょう】

日本学士院が毎年,すぐれた学問上の業績を表彰するために授与する賞。1911年創設。日本学士院賞と天皇の下賜金から出される日本学士院恩賜賞,1988年創設の日本学士院エディンバラ公賞がある。
→関連項目伊藤清

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本学士院賞
にっぽんがくしいんしょう

学術上とくに優れた論文、著書その他の研究業績に対して日本学士院が授与する賞。学士院賞とも。1911年(明治44)創設。毎年8~10人程度が選ばれ、とくに優れた研究には皇室の下賜金に基づいた恩賜賞が授与される。第37回(1947年)までは帝国学士院が授与し、名称も「帝国学士院賞」であった。
 日本学士院は、学術上功績顕著な科学者を顕彰するための機関である。1879年(明治12)創設の東京学士会院を前身とし、1906年(明治39)に帝国学士院に改組。第二次世界大戦後の1947年(昭和22)に日本学士院に改称した。[佐滝剛弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本学士院賞の関連キーワード近世日本国民史福本 寿一郎沼知 福三郎末元 善三郎尾形 輝太郎木原 卓三郎諸星 静次郎伊藤 不二男羽田野 伯猷西山 善次小林 芳人長尾 正人富田 真雄平塚 直秀笹淵 友一荒居 英次朝井 勇宣村松 祐次三宅 市郎松川 泰三

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本学士院賞の関連情報