宅磨為辰(読み)たくま ためとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宅磨為辰 たくま-ためとき

?-? 平安後期-鎌倉時代の画家。
宅磨派の絵仏師。文治(ぶんじ)(1185-90)のころ京都神護寺納涼房の弘法大師像をえがいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android