文治(読み)ブンジ

大辞林 第三版の解説

ぶんじ【文治】

ぶんじ【文治】

年号(1185.8.14~1190.4.11)。元暦の後、建久の前。後鳥羽天皇の代。

ぶんち【文治】

〔「ぶんじ」とも〕
武力を用いないで、教化または法によって世を治めること。文政。 ⇔ 武断 「 -派」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんじ【文治】

日本の元号(年号)。平安時代、1185年から1190年まで、後鳥羽(ごとば)天皇の代の元号。前元号は元暦(げんりゃく)。次元号は建久(けんきゅう)。1185年(元暦2)8月14日改元。同年7月の京都大地震の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。1185年(文治1)3月の壇ノ浦の戦いで平家が滅亡した後、源頼朝(よりとも)と弟の源義経(よしつね)の対立が深まった。後白河(ごしらかわ)法皇は同年10月、義経に頼朝追討の、11月には頼朝に義経追捕の相反する院宣を下す。義経は京を脱出し、頼朝は義経追討を名目として諸国に守護・地頭を置くことを法皇に認めさせた。1187年(文治3)、義経は奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)のもとに逃れたが、1189年(文治5)に秀衡の子藤原泰衡(やすひら)に襲撃され自害する。しかし、頼朝は藤原氏を許さず大軍を率いて出兵、同年9月に奥州藤原氏は滅亡し、頼朝は陸奥・出羽を勢力下に収めた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶん‐じ ‥ヂ【文治】

[1] 〘名〙 ⇒ぶんち(文治)
[2] 鎌倉時代、後鳥羽天皇の代の年号。元暦二年(一一八五)八月一四日に改元、文治六年(一一九〇)四月一一日に次の建久となる。出典は「礼記‐祭法」の「湯以寛治民〈略〉文王以文治民」。

ぶん‐ち【文治】

〘名〙 (「ぶんぢ」とも) 教化または法令によって世を治めること。文道で国を治めること。文政。〔礼記‐祭法〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文治の関連情報