コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文治 ブンジ

7件 の用語解説(文治の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐じ〔‐ヂ〕【文治】

ぶんち(文治)

ぶんじ【文治】[年号]

鎌倉時代、後鳥羽天皇の時の年号。1185年8月14日~1190年4月11日。

ぶん‐ち【文治】

《「ぶんじ」とも》武力によらず、教化・法令などによって世を治めること。⇔武断

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶんじ【文治】

ぶんじ【文治】

年号(1185.8.14~1190.4.11)。元暦の後、建久の前。後鳥羽天皇の代。

ぶんち【文治】

〔「ぶんじ」とも〕
武力を用いないで、教化または法によって世を治めること。文政。 ↔ 武断 「 -派」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんじ【文治】

日本の元号(年号)。平安時代、1185年から1190年まで、後鳥羽(ごとば)天皇の代の元号。前元号は元暦(げんりゃく)。次元号は建久(けんきゅう)。1185年(元暦2)8月14日改元。同年7月の京都大地震の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。1185年(文治1)3月の壇ノ浦の戦いで平家が滅亡した後、源頼朝(よりとも)と弟の源義経(よしつね)の対立が深まった。後白河(ごしらかわ)法皇は同年10月、義経に頼朝追討の、11月には頼朝に義経追捕の相反する院宣を下す。義経は京を脱出し、頼朝は義経追討を名目として諸国に守護・地頭を置くことを法皇に認めさせた。1187年(文治3)、義経は奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)のもとに逃れたが、1189年(文治5)に秀衡の子藤原泰衡(やすひら)に襲撃され自害する。しかし、頼朝は藤原氏を許さず大軍を率いて出兵、同年9月に奥州藤原氏は滅亡し、頼朝は陸奥・出羽を勢力下に収めた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文治の関連キーワード元号私年号年号逸年号王朝時代元号法元暦大化平安時代文学和暦

文治の関連情報