コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文治 ブンジ

大辞林 第三版の解説

ぶんじ【文治】

ぶんじ【文治】

年号(1185.8.14~1190.4.11)。元暦の後、建久の前。後鳥羽天皇の代。

ぶんち【文治】

〔「ぶんじ」とも〕
武力を用いないで、教化または法によって世を治めること。文政。 ⇔ 武断 「 -派」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんじ【文治】

日本の元号(年号)。平安時代、1185年から1190年まで、後鳥羽(ごとば)天皇の代の元号。前元号は元暦(げんりゃく)。次元号は建久(けんきゅう)。1185年(元暦2)8月14日改元。同年7月の京都大地震の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。1185年(文治1)3月の壇ノ浦の戦いで平家が滅亡した後、源頼朝(よりとも)と弟の源義経(よしつね)の対立が深まった。後白河(ごしらかわ)法皇は同年10月、義経に頼朝追討の、11月には頼朝に義経追捕の相反する院宣を下す。義経は京を脱出し、頼朝は義経追討を名目として諸国に守護・地頭を置くことを法皇に認めさせた。1187年(文治3)、義経は奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)のもとに逃れたが、1189年(文治5)に秀衡の子藤原泰衡(やすひら)に襲撃され自害する。しかし、頼朝は藤原氏を許さず大軍を率いて出兵、同年9月に奥州藤原氏は滅亡し、頼朝は陸奥・出羽を勢力下に収めた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

文治の関連キーワード桂 文之助(東京・4代目)桂文治(3代)(1)桂文治(3代)(2)桂文治(4代)(2)桂 文治(8代目)桂 文治(6代目)桂文治(2代)桂文治(5代)桂文治(6世)桂文治(8世)桂文楽(2代)桂文治(6代)桂文楽(3代)桂文楽(初代)よいよい蕎麦屋島の戦い土佐房昌俊義太夫息子昆布巻芝居佐藤忠信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文治の関連情報