コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安久(やっさ)節

デジタル大辞泉プラスの解説

安久(やっさ)節

宮崎県都城市の民謡。安久(やすひさ)町周辺で、武士の士気を鼓舞するために歌われたもの。鹿児島の民謡『鹿児島おはら節』の基になったとする説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の安久(やっさ)節の言及

【小原節】より

…民謡。オハラ(オワラ)節とよばれる民謡は,《津軽小原節》《秋田小原節》《越中おわら節》《鹿児島小原良節》など各地にみられるが,いずれも歌詞の最後の一句の前にオハ(ワ)ラというはやしことばを伴う。オハ(ワ)ラの語源は不詳。《会津磐梯山》の小原庄助なる人物の姓も,このはやしことばが人名に感じられたところから生まれたものかもしれない。これと似た形にはほかにヤッサ(宮崎県の《安久(やつさ)節》)やアレサがある。…

※「安久(やっさ)節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安久(やっさ)節の関連キーワード鹿児島小原良節宮崎県都城市都城(市)

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android