士気(読み)しき

精選版 日本国語大辞典「士気」の解説

し‐き【士気】

〘名〙 兵士の戦いに対する意気。また、一般的に人々の物事を行なおうとする気力、意気ごみをいう。モラール
※童子問(1707)中「則民志奮起、士気雄壮、雖南宋之脆弱、可以撻北韃之勁兵
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「皆是佳人を善用して、士気(シキ)を振はしむる方便だァネ」 〔周伯琦‐至正元年復科挙取士制詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「士気」の解説

し‐き【士気】

兵士の、戦いに対する意気込み。また、人々が団結して物事を行うときの意気込み。「士気を鼓舞する」「士気が上がる」
[類語]意気精気溌剌志気元気景気強い気強いたくましい気丈気丈夫気骨気概骨っ節反骨確り心丈夫闘魂覇気闘志胆力度胸糞度胸根性負けじ魂負けん気利かん気勝ち気強気向こう意気鼻っ柱鼻っぱし負けず嫌いファイトガッツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「士気」の解説

【士気】しき

兵士の元気。〔漢書、李陵伝〕陵曰く、が士氣少しくへ、鼓するも(た)たざるは何ぞや。中にに女子るかと。~關東群盜の妻子、~軍に隨ひての妻と爲り、大いに車中(かく)る。陵、し得て、皆之れを劍斬す。

字通「士」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android