コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島 カゴシマ

3件 の用語解説(鹿児島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かごしま【鹿児島】

九州地方南部の県。もとの薩摩(さつま)大隅(おおすみ)にあたる。人口170.6万(2010)。
鹿児島県、鹿児島湾に面する市。県庁所在地薩摩半島東岸および桜島からなる。南西諸島への航路の起点。大島紬薩摩焼焼酎かるかん桜島大根などを特産。もと島津氏の城下町西南戦争古戦場城山がある。人口60.6万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かごしま【鹿児島】

九州地方南部の県。かつての薩摩・大隅の二国を占める。鹿児島湾の東側は大隅半島、西側は薩摩半島となり、北部にはシラス台地が広がる。南へは薩南諸島がのびる。県庁所在地、鹿児島市。
鹿児島県中部、鹿児島湾に臨む市。桜島を含む。県庁所在地。市街北部に城山があり、山麓に島津氏の居城鶴丸城跡がある。

かごしま【鹿児島】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島の関連情報