官製ファンド

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

官製ファンド

民間の資金を呼び込むため、国が中心となって資金を出し、民間企業事業に投資するファンド(基金)のこと。投資した資金は、投資先企業の株式公開や他企業への転売などで回収する。小泉政権時代、不良債権処理を進めるため設立され、ダイエーカネボウに出資した産業再生機構(解散)が代表例。

(2013-08-18 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐ファンド〔クワンセイ‐〕【官製ファンド】

国が中心となって出資し、民間の企業や事業に投融資する基金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官製ファンドの関連情報