官製ファンド

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

官製ファンド

民間の資金を呼び込むため、国が中心となって資金を出し、民間企業事業に投資するファンド(基金)のこと。投資した資金は、投資先企業の株式公開や他企業への転売などで回収する。小泉政権時代、不良債権処理を進めるため設立され、ダイエーカネボウに出資した産業再生機構(解散)が代表例。

(2013-08-18 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐ファンド〔クワンセイ‐〕【官製ファンド】

国が中心となって出資し、民間の企業や事業に投融資する基金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官製ファンドの関連情報