民間(読み)ミンカン

デジタル大辞泉の解説

みん‐かん【民間】

一般の人々の社会。世間一般の人々。「民間に伝わる風習」
公の機関に属さないこと。「民間の企業」「民間人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みんかん【民間】

一般庶民の社会。世間。 「 -に伝わった伝承」 「 -の声」 「 -信仰」
政府などの公的機関に属さないこと。 「 -会社」 「 -人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みん‐かん【民間】

〘名〙
① 人民の間。一般庶民の社会。坊間。
※続日本紀‐文武二年(698)七月乙丑「公私奴婢亡匿民間
※地蔵菩薩霊験記(16C後)六「民間(ミンカン)にありといへども其氏姓賤からず」 〔史記‐項羽本紀〕
② 公の機関に属さないこと。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「民間交通事業の見るべきものが追々と発達して来てゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民間の関連情報