コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定光 さだみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定光 さだみつ

?-? 室町時代の刀工。
京都の3代信国の子または門弟で,豊前(ぶぜん)宇佐(大分県)にうつる。のち信国と改名し,筑紫信国の祖となる。応永(1394-1428)ごろの人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定光の関連キーワード愛媛県越智郡上島町弓削土生ラルフ・アレン サンプソン愛知県瀬戸市定光寺町愛知高原国定公園定光寺と蔭凉寺S. クヌーブ愛知県瀬戸市瀬戸(市)山口 定雄上島(町)木村常陸介寛政の改革酒呑童子松平定信一天玄清機堂長応実峰良秀物質定数平心処斎大等一祐

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定光の関連情報