コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宛てがい扶持 アテガイブチ

デジタル大辞泉の解説

あてがい‐ぶち〔あてがひ‐〕【宛てがい扶持】

与える側で適当にみはからって渡す金や物。または、そうした与え方。
[補説]近世に主君や雇い主が家臣や雇い人に与えた扶持米(ふちまい)に始まり、現在は給与などにいう。「宛行扶持」「充行扶持」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android