コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家臣 カシン

大辞林 第三版の解説

かしん【家臣】

家に仕える臣。家来けらい。 「譜代の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家臣の言及

【家来】より

…一般に武家で主君に仕える家臣のことをいう。ほかに公家や庄屋,地主などの従者についても用いられた。…

【奉公人】より

…平安時代後期以来,武士の封建的主従関係は,主人の従者に対する所領給与=〈御恩〉と,従者の主人に対する軍事的勤務=〈奉公〉という関係によって成立していたが,本来奉公人とは,武士のこの主従関係における従者をさし,主君に対する家臣の意味である。奉公人という称呼は,中世では上位の従者,家臣をさすものとして用いられるのが一般的であった。…

※「家臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

家臣の関連キーワード聚斂の臣あらんより寧ろ盗臣あれ津田松寿庵叛臣・反臣奸臣・姦臣フェロニー井上大九郎大石道教山県虎清小林良典知行割り鵜殿長照上井覚兼閨閤の臣地方知行在勤者国詰め常江戸熊王丸富田流河井流

家臣の関連情報