コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝来

デジタル大辞泉プラスの解説

宝来

古典落語の演目のひとつ。六代目桂文治が演じた。「宝来の蚊帳」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝来 ほうらい

?-? 室町時代の能面師。
能面師福来(石王兵衛(いしおう-ひょうえ))の子。喜多古能著「仮面譜」などで父とともに神作,十作につぐ仮面六作のひとりとされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宝来の関連キーワード高野山町石道玉川峡県立自然公園和歌山県伊都郡かつらぎ町萩原歌川豊国(4代)森田勘弥(5代)田遊び[藤守]中川儀右衛門鳳金寶自然酒かつらぎ町亀甲山古墳垂仁天皇陵河原崎座近江神宮平安神宮古典落語安康天皇桛田荘鳳来寺慈雲院和唐紙宝来町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝来の関連情報