宮部 一郎(読み)ミヤベ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

宮部 一郎
ミヤベ イチロウ

昭和期の農村運動家 元・家の光協会会長。



生年
明治21(1888)年12月22日

没年
平成2(1990)年10月3日

出生地
埼玉県羽生市

学歴〔年〕
札幌農学校〔明治45年〕卒,東京帝大経済学部〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和39年〕,勲三等瑞宝章〔昭和41年〕,農協特別功労賞〔昭和45年〕

経歴
大正3年満州奉天北陵農場長、5年満鉄に移り、14年退社して帰国。東大を出た後の昭和6年産業組合中央会(後の農協)に勤め、教育部長から専務理事となり、22年農協から分離した家の光協会会長に就任した。農協の文化事業としての雑誌「家の光」は25年に創刊され36年には180万部に達した。48年顧問に退いたが、その間、共栄火災海上取締役、全日本社会教育連合会理事、協同組合短大学長、民社党顧問を務めた。植物学者宮部金吾の女婿。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android