帰国(読み)きこく

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐こく【帰国】

〘名〙
① 外国から自分の国に帰ること。帰朝。
※光悦本謡曲・唐船(1554頃)「いやとよ、旁をまうけて後は唐衣、帰国の事も思はすと」
※新聞雑誌‐一〇号・明治四年(1871)八月「第六降兵は滞漫なく帰国せしむべし」
② 郷里へ帰ること。帰郷。
※吾妻鏡‐建久四年(1193)五月二八日「去廿日返給本領帰国」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)四「請取書をしやれ、身共帰国(キコク)の節、とん屋どもへ相とどける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐こく【帰国】

[名](スル)
外国から母国に帰ること。帰朝。「外遊から帰国する」
故郷に帰ること。帰郷。
「二三日うちに―する筈になっていたので」〈漱石こゝろ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android