帰国(読み)きこく

精選版 日本国語大辞典「帰国」の解説

き‐こく【帰国】

〘名〙
① 外国から自分の国に帰ること。帰朝
※光悦本謡曲・唐船(1554頃)「いやとよ、をまうけて後は唐衣、帰国の事も思はすと」
※新聞雑誌‐一〇号・明治四年(1871)八月「第六降兵は滞漫なく帰国せしむべし」
② 郷里へ帰ること。帰郷
※吾妻鏡‐建久四年(1193)五月二八日「去廿日返給本領帰国」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)四「請取書をしやれ、身共帰国(キコク)の節、とん屋どもへ相とどける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「帰国」の解説

【帰国】きこく

故郷に帰る。〔晋書、陶侃伝〕未だせざること一年、(ゆづ)りて國に歸らんと欲す。等、(ねんご)ろに之れを留む。

字通「帰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android