帰国(読み)きこく

精選版 日本国語大辞典 「帰国」の意味・読み・例文・類語

き‐こく【帰国】

〘名〙
① 外国から自分の国に帰ること。帰朝
※光悦本謡曲・唐船(1554頃)「いやとよ、旁をまうけて後は唐衣、帰国の事も思はすと」
※新聞雑誌‐一〇号・明治四年(1871)八月「第六降兵は滞漫なく帰国せしむべし」
② 郷里へ帰ること。帰郷
※吾妻鏡‐建久四年(1193)五月二八日「去廿日返給本領帰国」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)四「請取書をしやれ、身共帰国(キコク)の節、とん屋どもへ相とどける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「帰国」の意味・読み・例文・類語

き‐こく【帰国】

[名](スル)
外国から母国に帰ること。帰朝。「外遊から帰国する」
故郷に帰ること。帰郷。
「二三日うちに―する筈になっていたので」〈漱石こゝろ
[類語]帰郷帰省里帰り帰還帰京帰参

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「帰国」の読み・字形・画数・意味

【帰国】きこく

故郷に帰る。〔晋書、陶侃伝〕未だせざること一年、位を(ゆづ)りて國に歸らんと欲す。佐等、(ねんご)ろに之れを留む。

字通「帰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

エルニーニョ現象

《El Niño events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より高くなる現象。発生海域のみならず、世界的な異常気象の原因となる。逆に海水温が下がるラニーニャ現象も...

エルニーニョ現象の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android