藍綬褒章(読み)らんじゅほうしょう

百科事典マイペディアの解説

藍綬褒章【らんじゅほうしょう】

社会福祉や公共事業等に功績のあった者,またはその事務に関し勤勉であった者を表彰するために1881年制定された褒章。→褒章
→関連項目瓜生岩松田トシ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

らんじゅほうしょう【藍綬褒章】

褒章の一。公衆の利益に寄与した者、または公共の事務に尽くした者に藍あい色の綬の記章とともに授与される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勲章・褒章がわかる事典の解説

らんじゅほうしょう【藍綬褒章】

日本の褒章の一つ。1881年(明治14)の太政官布告第63号「褒章条例」によって制定され、教育、衛生事業、学校・病院の建設、道路・橋梁などの修築、田野の開墾、森林の栽培、水産の繁殖などに貢献した人に授与された。現在は、教育、医療、社会福祉、産業振興などの分野で公衆の利益を興した人、また、保護司、民生・児童委員、調停委員などの事務に尽力した人が対象となっている。範囲が広いため、毎回褒章の多くを占め、年間では約1000人が受賞している。対象が勲章と重なっていることもあり、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」では、その整理が課題となった。◇英訳名はMedal with Blue Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藍綬褒章の関連情報