コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍綬褒章 ランジュホウショウ

百科事典マイペディアの解説

藍綬褒章【らんじゅほうしょう】

社会福祉や公共事業等に功績のあった者,またはその事務に関し勤勉であった者を表彰するために1881年制定された褒章。→褒章
→関連項目瓜生岩松田トシ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

らんじゅほうしょう【藍綬褒章】

褒章の一。公衆の利益に寄与した者、または公共の事務に尽くした者に藍あい色の綬の記章とともに授与される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勲章・褒章がわかる事典の解説

らんじゅほうしょう【藍綬褒章】

日本の褒章の一つ。1881年(明治14)の太政官布告第63号「褒章条例」によって制定され、教育、衛生事業、学校・病院の建設、道路・橋梁などの修築、田野の開墾、森林の栽培、水産の繁殖などに貢献した人に授与された。現在は、教育、医療、社会福祉、産業振興などの分野で公衆の利益を興した人、また、保護司、民生・児童委員、調停委員などの事務に尽力した人が対象となっている。範囲が広いため、毎回褒章の多くを占め、年間では約1000人が受賞している。対象が勲章と重なっていることもあり、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」では、その整理が課題となった。◇英訳名はMedal with Blue Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍綬褒章
らんじゅほうしょう

栄典制度」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藍綬褒章
らんじゅほうしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藍綬褒章の関連キーワード桂 枝太郎(2代目)A.ハンナ ライトガーターブルー島田 依史子筑紫 歌都子千葉 源之助川村 貞四郎岡本 伝之助猪崎 久太郎竹井 二三子小田原 大造田口 助太郎福岡 日出麿古賀 マサノ鈴木 忠治郎西内 義顕中野 冨美桑沢 洋子荻原 豊次吉用 寿栄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藍綬褒章の関連情報