コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生獣 きせいじゅう

知恵蔵miniの解説

寄生獣

岩明均によるマンガ作品。1990年~95年に「月刊アフタヌーン」(講談社)に連載され、コミックス(アフタヌーンKC、講談社)全10巻の累計販売部数は、2013年10月時点で約1100万部。03年には「完全版」全8巻も発売された。端正で正確な描写を特徴とし、哲学的かつドラマティックな内容となっている。93年、第17回講談社漫画賞受賞。96年、星雲賞コミック賞受賞。原作は海外でも好評を博し、連載終了直後にハリウッドプロダクションが原作権を獲得したが、映画化が決まらないまま2013年に契約が失効。すぐに日本の数十社による争奪戦が起こり、東宝が映画化権を獲得した。同年11月、山崎貴監督・染谷将太主演により実写映画化されることが発表された。2部構成で、パート1は14年12月に、パート2が15年に公開される予定となっている。

(2013-11-21)

寄生獣

日本のマンガ家・岩明均によるSFマンガ。講談社より刊行され、累計1000万部を超えるベストセラーで、右手に寄生生物・ミギーを宿してしまった平凡な男子高校生・新一の数奇な運命を描く物語。同作の監督・脚本・VFXは、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけた山崎貴、共同脚本はドラマ「リーガル・ハイ」の古沢良太。キャストは主演の染谷将太ほか、深津絵里橋本愛浅野忠信、東出昌大ら、豪華な布陣となっている。同作品は2部作で、第1部が14年11月29日から、第2部が2015年に全国東宝系で公開。また、アニメプロジェクトも進行しており、今秋に日本テレビで放送予定。

(2014-7-18)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

寄生獣

岩明均による漫画作品。謎の生物に右手を寄生された高校生の運命を描く。『モーニングオープン増刊』F~H号(1988年~1989年)、『アフタヌーン』1990年1月号~1995年2月号に連載。講談社アフタヌーンKCデラックス全8巻。第17回(1993年)講談社漫画賞 一般部門、第27回(1996年)星雲賞マンガ部門 コミック部門受賞。2014年10月より日本テレビほかにてアニメ化作品を放映。実写映画もある。

寄生獣

2014年の日本映画。監督:山崎貴、出演:染谷将太、深津絵里、橋本愛、阿部サダヲほか。岩明均によるコミックを原作とする実写劇場版。2部構成の前編

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

寄生獣の関連キーワード武田一馬大森南朋青柳尊哉新井浩文中村元気桜木梨奈藤原大智山崎潤恵中瞳

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄生獣の関連情報